2019年8月19日月曜日

Shake It Off:Taylor Swift



いつだって 朝帰りだし
きっと 何も考えてないのよ
みんな そういうの
みんなは そういうけど

山ほどデートしたって長続きしないし
とかく 人はそういうもの
いつだって そういうの

だけど 生き方を変えたくない
止まらない 動き続ける
心の中の歌が 告げる
「そのままでいいのよ」

身を入れない人は 面白半分だし
邪魔する人は 邪魔するんだから
私は振り落としてゆく すり抜ける
壊し屋は 壊し続けるし
嘘つきは だまし続けるし
私は とにかく踊り続ける
気にすることないって

私は 絶対ぐずぐずしない
電光石火に銀の靴
だから 人には分からない
彼らは 見ていないから
だから一人で 踊ってる
私は したいようにする
みんなには 分からない
みんなには 分からない

でも 私はご機嫌に任せて行く
感性は 止められないの
自分の リズムがあるから
「そのままでいいのよ」

身を入れない人は 面白半分だし
邪魔する人は 邪魔するんだから
私は振り落としてゆく すり抜ける
心無い人は 傷つけ続けるし
嘘つきは だまし続けるから
気にすることないって
私は振り落としてゆく すり抜ける
気にしない 気にしない

 気にしない 気にしない

考えてもみてよ
世界中にいるペテン師と関わって
傷つく必要なんかないの

元カレが新しい彼女連れて来たら
素敵な男の子に声をかけて
一緒に踊ればいいのよ

気にしない 気にしない

身を入れない人は 面白半分だし
邪魔する人は 邪魔するんだから
私は振り落としてゆく すり抜ける

心無い人は 傷つけ続けるし
嘘つきは だまし続けるから
私は振り落としてゆく すり抜ける
気にしない 気にしない

気にしない 気にしない
気にしない 気にしない

2019年8月14日水曜日

Don't You Worry Child:Swedish House Mafia ft. John Martin



子供のころは いつも父の目を見ていた
絵に描いたような家族 僕は玉座に座る王様
そんな日々は過ぎ去り 思い出は壁の写真だけに
僕は 故郷の歌を聴いている

丘を行き 青い湖を過ぎれば
そこは 僕が初めて失恋した場所
世界が変わってしまったと思った
父は 僕にこう言った

気にするな 大したことじゃない
それは 神さまの計画だから
心配するな 大丈夫だよ

気にするな 大したことじゃない
それは 神さまの計画だから
心配するな 大丈夫だよ

ほどなく僕は 別の女の子と出会った
世界は二人を中心に回っていた
僕は 彼女を手放さないと誓った
二人は若く 相思相愛だった
そのころを思い出し この歌を聴いている

丘を行き 青い湖を過ぎれば
そこは 僕が初めて失恋した場所
世界が変わってしまったと思った
父は 僕にこう言った

心配するな 大丈夫だよ
それが 神さまの計画だから
心配するな 大丈夫だよ

それが 神さまの計画だから

心配するな 大丈夫だよ
それが 神さまの計画だから
心配するな 大丈夫だよ

神さまが 気遣ってくれるから

2019年8月10日土曜日

Preachin' Blues:Larkin Poe



自分のために 入信するつもりです
私は バブティスト教会に入信します
自分のために 入信するつもりです
私は バブティスト教会に入信します
私は 伝道者になりたい
そうでなきゃ いけないわけじゃないけど

心の安らぐことを祈っています
心の安らぐことを祈っています
女たちに 安らぎの家庭を与えたい

私は このゴスペルを広めます
居場所を見つけて 落ち着くつもりです
私は このゴスペルを広めます
居場所を見つけて 落ち着くつもりです
魂の訪れ それもまた見てみたい

スーツケースを持って 道に踏み出す
スーツケースを持って 道に踏み出す
さようなら 主の恵みのあらんことを

主の恵みのあらんことを
主の恵みのあらんことを
主の恵みのあらんことを
主の恵みのあらんことを

2019年8月6日火曜日

In the City:Madness



彼は シティ・ボーイ
皆同じような 小洒落た格好
そろそろ 信号が変わるとき
彼は 街の空気が読める
彼は 都会ですっかり変わった

ベスト・ドレッサーなんてくだらない
要領よく 彼は稼ぐ
彼は シティ・ボーイ
金曜の夜は 虹をつかむ男
そろそろ 気づいてもよい頃
本当の 都会の夜

月曜日は仕事
火曜日も 同様
水曜日が来て 過ぎて
木曜日がまた やってきて

金曜の夜は 日曜の朝まで続き
月曜の朝は 週末の疲れが
今 彼は 限界知らず
故郷から 遠く離れて

そろそろ 潮時だ
彼は 暗示を知る
彼は 変化することができる
行き過ぎだと 気が付いて
都会から 出戻り

2019年8月3日土曜日

Long, Long Ago:Bing Crosby





あの頃の 話をしてくれ
遠い 遠い昔の
大好きだった歌を 歌ってくれ
遠い 遠い昔の

君がいれば 悲しみのすべてを忘れる
君の心変わりは 忘れよう
あの頃の 話をしてくれ
遠い 遠い昔の

君がいれば 悲しみのすべてを忘れる
君の心変わりは 忘れよう
あの頃の 話をしてくれ
遠い 遠い昔の

2019年7月31日水曜日

The Minstrel Boy:The Clancy Brothers & Tommy Makem



吟遊詩人は戦争へ行った
あなたは戦死者の群れの中に
父の剣を腰に差し
竪琴を背負った 彼を見つける

「詩人の国よ!」
戦士になったバードは叫ぶ

世界が人々に背信しても
詩人の剣が 権利をを守り
忠実な竪琴が あなたを称えます

吟遊詩人は捕虜になった
誇り高い魂を 鎖で
縛ることはできない
竪琴が奏でられることはもうない
彼が自ら 弦を切り言った

どんな鎖も 
竪琴を汚すことはできない
愛と勇気に満ちた竪琴の魂を
詩人の歌は 純粋で自由
支配の下で歌われることはない

2019年7月26日金曜日

Way Down We Go:KALEO



教えてください 自業自得ということですか?
すべて 自分で蒔いた種だと そして

もっと 降りてゆく
もっと 降りてゆく
もっと 降りてゆく

君が したいようにすればいい
すべての人に 時は訪れる
でも 落ちてゆくその時
奴の目を 直視する勇気があるか?

奴は 君を 深淵まで追いかける
   君を 地獄まで追いかける
Year     地面に倒れ 動けなくなるまで

どんどん 降りてゆく
どんどん 降りてゆく
どんどん 降りてゆく
だって奴は 君を 地獄まで追いかける

Oh bab-bab-yeah
Wow baby baby
Bab, down we go
Year

どんどん 落ちてゆく
どんどん 落ちてゆく
どんどん 落ちてゆく